トランス脂肪酸 マクドナルド | バラエティ劇場

トランス脂肪酸 マクドナルド


取りすぎると心疾患のリスクが高くなるといわれる

トランス脂肪酸の健康影響評価を、

内閣府・食品安全委員会がまとめた。

トランス脂肪酸 が多い食品にマクドナルドのマックフライポテトがある。

→人気BLOG RANKING

トランス脂肪酸はパイや菓子パン、ケーキ、カレールーなどに多く含まれる。

和食や中華に比べ、ピザ、ハンバーガーなど洋食に多い。

多く摂取すると悪玉コレステロールを増やして善玉コレステロールを減らし、

心筋梗塞(こうそく)など心疾患が増えることが分かっている。

家で揚げたフライは少し時間がたてば、くたっと軟らかくなりますが、マックフライポテトは、

揚げ立てでもべたつかず、時間がたってもあまり軟らかくなりません。

マックフライポテト使用の植物油脂(ショートニングなど)は牛脂となたね油からできています。

ショートニングは、トランス脂肪酸を多く含み、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増加させ、

善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させ、心臓病発症のリスクが増大すると指摘されています。

マックフライポテトはMサイズを食べると、トランス脂肪酸を、

海外と比べて少ないとされている日本人の平均値の3倍も摂取します。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » トランス脂肪酸 マクドナルド