水戸黄門 あらすじ 12月5日   | バラエティ劇場

水戸黄門 あらすじ 12月5日  



水戸黄門、第43部、第20話、

12月5日放送のあらすじです。

→人気BLOG RANKING
水戸老公(里見浩太朗)一行は日光へ。老公は日光近辺で、百足の鬼蔵(木之元亮)を頭目とする盗賊が出没し、

東照宮への献上品などが奪われる事件が多発していることを知る。

水戸藩藩士・謙吾(草野康太)らは、奉納品を日光東照宮に届けるため、日光への道を急いでいた。

その道中、盗賊たちの襲撃を受け、護衛役・伊右衛門(寺田農)らが戦うも大勢の家臣が負傷し、

奉納品も奪われてしまう。

老公は近く、東照宮修復のために幕府の御用金が日光へ運ばれることを知り、

事態を憂慮した光圀は、盗賊捕縛に動きだす。

怪我を負った峯田に代わって峯田の娘、琴江(木内晶子)も警護に加わる。

老公は御用金運搬の偽物を仕立てて盗賊を欺く作戦を立て、本物と偽物に別れて別の道を進んだ。

案の定、偽物を盗賊が襲うが本物も意外な人物に持ち去られようとしていた。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 水戸黄門 あらすじ 12月5日