日曜洋画劇場 ノウイング あらすじ | バラエティ劇場

日曜洋画劇場 ノウイング あらすじ



日曜洋画劇場12月4日放映の、

「ノウイング」のあらすじです。

ニコラス・ケイジ主演映画です。

地球で起こるすべての大惨事は、50年前すでに予言されていた!!

宇宙物理学を専攻する大学教授のジョン(ニコラス・ケイジ)は、

小学生の息子ケレイブ(チャンドラー・カンタベリー)が

50年前に埋められたタイムカプセルの中から持ち帰った一枚の紙にジョンは興味を抱く。

そこには、数列がびっしり書き込まれていた。

しかし、その中から偶然“299691101”という数字に目を留める。

グーグルで検索すると、同日多発テロの日付と2996人という犠牲者の数字であったり、

妻が巻き込まれたホテル火災の日付の犠牲者の数も。

明日の日付で81人の死者が出る…。そんな予言をも読みとったり地下鉄の大参事にも遭遇する。

最後の数字は10月19日、

この数字は何を意味するのか??

ノウイング プレミアム・エディション 【DVD】

ノウイング プレミアム・エディション 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 日曜洋画劇場 » 日曜洋画劇場 ノウイング あらすじ