坂の上の雲 第3部 あらすじ | バラエティ劇場

坂の上の雲 第3部 あらすじ



近代日本が迎えた最大の危機・日露戦争を通じて、

明治期の群像を描く壮大なドラマ です。

撮影開始から4年、足かけ3年をかけて放送してきたスペシャルドラマの完結編。

→人気BLOG RANKING

ロシアは1904(明治37)年バルチック艦隊と旅順艦隊を合流することを決定する。

日本はバルチック艦隊に合流されたら勝ち目はない。

連合艦隊司令長官・東郷平八郎(渡哲也)ら海軍は7月、陸軍と作戦会議を開く。

連合艦隊作戦参謀の真之(本木雅弘)は二〇三高地を攻略してそこ観測点にし、

旅順艦隊を砲撃することを主張するが、陸軍の満州軍総参謀長・児玉源太郎(高橋英樹)は、

要塞そのものの陥落が目的であるとして意見を退ける。

陸軍は乃木希典(柄本明)を第三軍司令官に任命し、旅順攻略を仕掛けるが、

第1次総攻撃は、6日間で1万6千人もの死傷者を出して失敗に終わり、、第2次総攻撃も失敗する。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 坂の上の雲 第3部 あらすじ