家政婦のミタ あらすじ 9話 | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 9話



家政婦のミタ、9話のあらすじです。

8話の視聴率はすごいです。29.6%。今年最高視聴率を記録しました。

→人気BLOG RANKING

三田(松嶋菜々子)は壮絶な過去を告白して、阿須田家から去った。

が、しばらくすると、隣の皆川家に派遣され働くことになったのだ。

阿須田家の子供たちが「帰ってきてほしい」と必死に訴えるが、

三田は「私はもう、みなさんとは何の関係もない」とつれない。

そんな中、三田の雇主の真利子(佐藤仁美)は、夫を尾行するよう指示される。

三田は夫の功が不倫をしていて、結婚したことを後悔していることを突き止め、

真利子に、そのまま報告する。

それを聞いてヤケになった真利子は三田に「一家心中するから家ごと燃やして」と命じる。

翌日、皆川家の長男・翼の誕生日を親子3人でお祝いしている、その横で三田が灯油をまき、

火をつけ始める。本当に一家心中になりそうな光景に、真利子はパニックに陥いる。

そして、三田に「平気で人を殺そうとするなんて・・・あなたが死ねばいい」と言ってしまう。

すると三田は、その言葉を待っていたように、自ら灯油をかぶり…。

予告動画はこちらから

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 9話