ランナウェイ 愛する君のために 第6話 | バラエティ劇場

ランナウェイ 愛する君のために 第6話



ランナウェイ 愛する君のために 

第6話のあらすじです。

→人気BLOG RANKING

アタル(市原隼人)、リュウ(塚本高史)、空哉(上田竜也)達は、シュン(菅田将暉)の埋めた金を掘り起こし、

2億円の現金を手に入れる。


娘を助けるため、手術のデポジット料の5千万円を由紀(福田沙紀)に渡そうとしたが、

カバンの中身は現金ではなく紙切れが入っているだけだった。

リュウ、空哉のカバンの中身も同じように紙切れだけだった。

再び合流したアタル・リュウ・空哉そしてサクラ(熊田聖亜)は、シュンの出身地・山梨県勝沼へ向かうが、

シュンの実家の加賀美ワイナリーは五年前に閉鎖されていた。

焦る由紀に、刑事の利夫(千葉雄大)は、励ますふりをして近づく。

また、柳川(渡哲也)は5年前の事件の再調査で警察内部のとんでもない事実を知る。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » ランナウェイ 愛する君のために 第6話