水戸黄門 最終回 あらすじ | バラエティ劇場

水戸黄門 最終回 あらすじ


水戸黄門第が、いよいよ12月19日に最終回を迎える。

その最終回のあらすじです。

→人気BLOG RANKING

最終回は12月19日(月)よる7:00~8:54、『水戸黄門最終回スペシャル』として放送される。

最終回の収録は10月27日から撮影所のほか、京都近辺の山中、仁和寺、大覚寺などで行われた。

老公(里見浩太朗)は将軍綱吉(風間トオル)に庶民の暮らしを見てきて欲しいと頼まれて
旅を続けていたわけだが、12月12日放送の第21話で、水戸へ戻り、一旦旅を終え、
『水戸黄門最終回スペシャル』では、その数年後から始まる。

結婚して二児の父親となっている格之進(的場浩司)、許婚、志乃(大村彩子)と祝言を上げる
助三郎(東幹久)が出てくる。

ところが江戸の町から老公が誘拐され、さらわれた先で、代官が庶民を苦しめているのを知り、
悪代官を懲らしめる老公だが、さらに巨悪が幕府転覆を企てているという話しの内容だ。

ゲスト出演では、過去もレギュラー出演者など多彩なゲストが出演する。

今回はお馴染みの印籠を出すシーンが二度もあるという。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 水戸黄門 最終回 あらすじ