江 最終回 あらすじ | バラエティ劇場

江 最終回 あらすじ


いよいよ江の最終回となってしまいました。

その最終回、第46話のあらすじです。

→人気BLOG RANKING

秀忠(向井理)は、世継ぎを竹千代(水原光太)と決め、千(忽那汐里)の嫁ぎ先も決まり、
徳川家中は落ち着きを取り戻そうとしていたが、そのころから、
秀忠の諸大名に対する厳しい仕置きが目立つってきた。

そんな折、秀忠に隠し子がいることが発覚し、2度目の浮気に江(上野樹里)は怒りを禁じえないが、
隠し子幸松(のちの保科正之/小林海人)がわが子と無邪気に遊ぶ姿を見て、ある思いが生まれる。


それは、自分の考えの狭さに気付き、正室の子も側室の子も徳川の子として育てたいという思いだった。

その思いがのちに江戸城大奥を誕生させることになるのだった。

竹千代は家光(木咲直人)、国松は忠長(今川智将)と、それぞれ元服しなお改めた。

一方、秀忠の処断はますます苛烈を極めていたが、
家光にあえて心を鬼にする父を支えてほしいに諭され、頼もしく思う。

予告動画はこちら

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編

【送料無料】江(ごう) 姫たちの戦国 後編
価格:1,100円(税込、送料別)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » NHK大河ドラマ » 江 最終回 あらすじ