ランナウェイ 第5話 あらすじ  | バラエティ劇場

ランナウェイ 第5話 あらすじ 


ランナウェイ 愛する君のために 第5話のあらすじです。

アタル(市原隼人)らは、最後の金がある名古屋に着くが、
金を埋めた公園は住宅になり竹内家が建っていた。

そんな中、アタルの娘・千春(篠川桃音)のアメリカでの受け入れ病院が見つかったが
一週間以内にデポジット料・五千万円を振り込まなければならなかった。

焦ったアタルは、仲間と共にハウスクリーニングの無料キャンペーンと偽り、
金を埋めた場所に立つ家に潜入する。

家主は愛知県警の警察官だったが明後日まで戻らない、空哉(上田竜也)の気転で
妻の佳奈子(春木みさよ)を外出させ、アタルは、住人の菊代(草村礼子)
に亡くなった夫だと勘違いされるが、これもうまく外に連れ出す。

リュウ(塚本高史)・シュン・空哉で作業を始めるが、
警察の手が迫りアタルたちは窮地に追い込まれる・・・・・・。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » ランナウェイ 第5話 あらすじ