水戸黄門 あらすじ 第17話  | バラエティ劇場

水戸黄門 あらすじ 第17話 


水戸黄門43部第17話のあらすじです。

→人気BLOG RANKING

江戸へ戻った光圀(里見浩太朗)一行は、江戸城へ向かう途中で、
岡っ引きの熊蔵(若杉宏二)が十手の力で、お勝(松金よね子)ほか
長屋で暮す人々から金を巻き上げているところに出くわした。

熊蔵は、お勝によると、将軍・綱吉(風間トオル)が発令した“生類憐れみの令”を
利用して民衆を苦しめているという。

光圀は見かねて、綱吉に街の現状を訴えるが、自分の政策に自信がある綱吉は、そんなはずはないと反論し、
助三郎(東幹久)と格之進(的場浩司)を供に秘かに城を抜け出して
商家の若旦那に変装し町の様子をうかがいに行った。

お勝たちの長屋は熊蔵に立ち退きを迫られていた。

裏では、綱吉が信頼している旗本の三好九右衛門(磯部勉)が糸を引き金儲けを企む
両替商の大貫屋(山本昌平)を使い、私腹を肥やしていたのだ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 水戸黄門 あらすじ 第17話