家政婦のミタ あらすじ 第7話 | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 第7話



家政婦のミタの第7話のあらすじです。

このドラマは脚本を遊川和彦さんが手がけ

スーパー家政婦の三田灯(みた・あかり)

演じる松嶋菜々子が母親を亡くし、

4人の子供と父親の阿須田家に派遣されさまざまな問題に直面するというストーリーです。

→人気BLOG RANKING

さて、第7話は、

三田(松嶋菜々子)から阿須田家の子供たちは、「夫と子供を殺した」と 告白される。

詳しい事情を聞こうとするが、「今後、どんな質問にも答える気はありません」

と三田は口を閉ざしてしまう。

今度、幼稚園のお遊戯会で主役を演じることになった希衣(本田望結)は

「お父さんに来てほしい」と思うが、

結(忽那汐里)、翔(中川大志)、海斗(綾部守人)たちは、

恵一(長谷川博己)の気持ちがわからない。

それで、三田に父親、恵一に希衣の幼稚園のお遊戯会に来てほしいと伝えてくれるよう頼む。

恵一は会社で暴力騒ぎを起こし、会社をクビになったしまった。

三田からお遊戯会の話を聞くが、このままでは子供達に合うことができないと、

三田に「お遊戯会を中止にしてほしい」と頼む。

そして、お遊戯会当日、劇の最中に三田は、手にバットを持って舞台に上がりこみ、

園児が作り上げた舞台装置を壊し始める。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 第7話