由紀さおり 1969 アメリカ 大ヒット | バラエティ劇場

由紀さおり 1969 アメリカ 大ヒット



歌手の由紀さおり(62)が、海外で大人気になっている。

世界的人気のジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」

とのコラボレーションアルバム「1969」を世界20カ国で今年配信した。

これが、今アメリカ、カナダで第ヒットしているのだ。

→人気BLOG RANKING

収録曲の大半を日本語で歌っているにもかかわらず、
11月2日付のiTunesジャズ・チャートと
カナダiTunesチャート・ワールドミュージックで1位を獲得。

ギリシャのIFPI総合アルバム・チャートでも4位に食い込み国内外で話題になっています。

また、シンガポールでもヒットの兆しを見せているそうです。

今回、由紀さんがリリースしたのは、
アメリカの人気ジャズオーケストラ『ピンク・マルティーニ』と組んだカバーアルバム。

10月17日には、ロンドンの音楽の殿堂「ロイヤル・アルバート・ホール」でライブも行った。
聴衆からスタンディングオベーションを受けたという。

12月には米ツアーも予定されている。

アルバム「1969」のタイトルは、由紀が「夜明けのスキャット」
でメジャーデビューを果たしたデビュー年に由来しています。

自身の曲『夜明けのスキャット』のほか、「いいじゃないの幸せならば」
「ブルー・ライト・ヨコハマ」など1969年当時の日本の歌謡曲や世界のヒット曲が
取り上げられマンボやボサノバ風にアレンジされています。

まずは、アルバムからのリードトラック、ブルー・ライト・ヨコハマを聞いてみて下さい。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 由紀さおり 1969 アメリカ 大ヒット