家政婦のミタ あらすじ 第6話 | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 第6話


家政婦のミタの第6話のあらすじです。

→人気BLOG RANKING


翔(中川大志)と海斗(綾部守人)と結(忽那汐里)たちは、祖父・義之(平泉成)から

養子になるように強く言われて困惑する。

父・恵一(長谷川博己)に会いに行こうと翔と海斗は結に提案するが、聞き入れず喧嘩になってしまう。

「家族の問題に意見を言うつもりはない」と子供達に助けを求められるが三田(松嶋菜々子)

は冷たく突き放す。

しかし、翔と海斗に頼まれ、三田は仕事中の恵一に会いに行く。

しかし、恵一からは子供達に伝える言葉をもらうことが出来なかった。

うらら(相武紗季)は阿須田家を心配して、結と義之との話し合いの場を作るが決裂してしまう。

家に帰った結は、恵一が三田に何の伝言も残さなかったことに対して腹を立てる。

弟たちから、これからどうするのか相談されても、「勝手にすればいい」とヤケになってしまった。

結と拓也は家出を決意するが、待ち合わせをしたはずの場所に拓也は現れなかった。

絶望した結は三田に、私を殺してほしいと頼む。すると、三田は「承知しました。」結に向かって刃物を振り上げる。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 第6話