尾崎豊 遺書 全文掲載 自殺? 他殺? | バラエティ劇場

尾崎豊 遺書 全文掲載 自殺? 他殺?



尾崎豊遺書が10日発売の

月刊文芸春秋に全文掲載される。

尾崎豊さんの死については、

自殺説と他殺説が真っ向から衝突した。

→人気BLOG RANKING


尾崎豊さんの没後2年の94年に他殺説が浮上し、裁判にまで発展し世間の関心を集めた。

尾崎豊さんは、東京都足立区内の住宅街で全裸で傷だらけになった姿で92年4月25日朝、発見された。

死因は極度の飲酒による肺水腫とされたが、体内から検出された覚せい剤の司法解剖の結果が記された

「死体検案書」のコピーが外部に流出し、他殺説が浮上した。

再捜査を求め尾崎さんの実父健一さん、実兄康さんやファンが、10万人嘆願署名活動に発展し、

身の危険を感じた妻の繁美さんは長男裕哉さんと渡米していた。

「尾崎豊の遺書『さようなら 私は夢見ます』」を執筆したジャーナリストの加賀孝英氏は

94年当時に入手していた「遺書」を今になって発表するのは、繁美夫人から

「息子の裕哉が父の死を理解するまで遺書は公表しないでほしい」と頼まれていて、

その17年後、昨年10月に21歳になった

裕哉さんがCMで父が残した名曲「I LOVE YOU」

を歌い、父と同じアーティストの道を選んだからだという。

「遺書」は、92年4月25日、

死の間際まで持ち歩いたセカンドバッグに入れてあった物と、

尾崎さんの母絹枝さんの遺影の脇に置かれていた遺書と2通見つかっている。

1部さわりだけ掲載します。

先立つ不幸をお許し下さい。

 先日からずっと死にたいと思っていました。

 死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、

 そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません。

 (中略)
 さようなら 私は夢見ます。

[2011年11月9日10時17分 月刊文芸春秋 紙面から]

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 尾崎豊 遺書 全文掲載 自殺? 他殺?