南極大陸 視聴率 あらすじ 第4話 | バラエティ劇場

南極大陸 視聴率 あらすじ 第4話



南極大陸、視聴率と第4話のあらすじです。

前回は16.9%と少し下がりましたが、

いい数字です。

⇒人気BLOG RANKING


白崎 (柴田恭兵) 率いる第一次南極観測隊は南極での任務を終え、

倉持ら11人の越冬隊と19頭の樺太犬を南極に残し「宗谷」で帰還後予、備の食糧が、流失してしまう。

星野(香川照之)は動揺する隊員達に、南極での活動が本格的に始まる中、

日々の業務の他に各人がテーマを見つけて“南極”を研究することによって、解決策を見出した。

倉持(木村拓哉)は越冬隊最年少の犬塚(山本裕典)がオーロラの研究をしたいが

自信がないようだったので犬塚の気持ちを察し、背中を押してやる。

倉持自身は、高峰ボツンヌーテン踏破に挑戦するつもりだ。

「 居住棟 」 を中心に 「 主屋棟 」、「 無線棟 」、移動式の観測小屋 「カブース 」 に

「 発電棟 」 と建物が点在する昭和基地と命名された観測基地の各所では、

隊員たちが越冬に向け早速準備を始めた。

ある日、移動式の観測小屋 カブースでオーロラの研究を始していた犬塚に思わぬ出来事がおきる…。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 南極大陸 視聴率 あらすじ 第4話