塚原卜伝 あらすじ 第6話 | バラエティ劇場

塚原卜伝 あらすじ 第6話



塚原卜伝の第6話のあらすじです。

●塚原新右衛門(堺雅人)

鹿島神宮の神官の家に生まれ、

鹿島中古流の剣を学ぶ。17歳で回国修行に出て、

剣豪と真剣勝負を重ねる。30歳で郷里に戻り、1000日間鹿島神宮に参籠して

“一つの太刀”を修得、“卜伝”と号する。

奥津(榎木孝明)との戦いのあと、新右衛門(堺雅人)は今まで倒した者の亡霊に悩まされ

心は死の恐怖にとらわれていた。

そんな中、新右衛門は命を狙われる。亡霊に襲われているときであれば斬られていただろう。

神から遠ざかっていると感じた新右衛門は、鹿島に帰る意思を固め、

家族のように親密だった鹿乃(京野ことみ)や平賀(風間杜夫)に別れを告げる。

鹿島では、真尋(栗山千明)たちが帰りを待ちわびていたが、

新右衛門は、鹿島神宮に千日間こもる新たな厳しい修行に入る。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 塚原卜伝 あらすじ 第6話