王様の家 第4話 あらすじ | バラエティ劇場

王様の家 第4話 あらすじ


王様の家、第4話のあらすじです。

市村正親がドラマ初主演、

ワンセットホームコメディーで“王様”を演じます。

→人気BLOG RANKING

準(吉岡澪皇)の担任・はるか(倉科カナ)が、家庭訪問で訪ねて来た時に、陽介(市村正親)は姿を見られてしまった。

ソックリさんのものまねタレントになりきり、素性を隠すが、はるかが準の志望校の話題を持ち出した途端、

ちょうど番組で教育問題を取り上げたばかりの陽介は、教育現場の現状を批判し始め、はるかを説教してしまう。

はるかは、自分が教師不適格だと悟り、意気消沈して帰って行く。しかし、準の本当にやりたい将来の夢を知っているのは、

家族でもなく、はるかだけだった。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 王様の家 第4話 あらすじ