家政婦のミタ あらすじ 第4話 | バラエティ劇場

家政婦のミタ あらすじ 第4話



家政婦のミタの第3話は19.8%と視聴率は

初回を上回る数字でした。

第4話は、どうでしょうか?

家政婦のミタ第4話あらすじです。

→人気BLOG RANKING


子供達は母の死の真相を知ってみんな家を出て祖父、義之(平泉 成)の所に行ってしまった。

そんな中、三田(松嶋菜々子)は変わらず自分の仕事を淡々とこなしている。

どうしていいか分からない恵一は、三田に相談するが三田は何の感情もあらわさない。

恵一は、そんな三田に対して「もう来なくていい」とクビを告げるが、

三田は平然と「承知しました」と言い、出て行ってしまう。

恵一は、不倫相手の美枝(野波麻帆)に「もう君しかいない」とすがるが、

彼女からも冷たくあしらわれる。

家を出た子供達も希衣(本田望結)は家に戻りたいと思い始めていたが、

結(忽那汐里)と翔(中川大志)は恵一を許すことができない。そこで、

希衣は海斗(綾部守人)と共に三田を捜し出し、恵一と結を仲直りさせてほしいと頼むが、

三田を雇う金がない。

そんな中、三田から恵一と結に電話が入る。

「希衣さんを誘拐しました。要求を飲めなければ命の保証はありません。」

驚いた恵一たちは希衣を探すが、行方は分からない。

希衣を誘拐した三田の目的とは何なのか・・・・?


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » 家政婦のミタ あらすじ 第4話