ビターシュガー 第3話 あらすじ | バラエティ劇場

ビターシュガー 第3話 あらすじ



ビターシュガー 第3話の あらすじです。

いまを懸命に生きるすべての女性と、

そんな女性の気持ちを知りたい男性諸氏に贈る、

「本音トークが気持ちイイ」

「見れば、生きる勇気のわいてくる」ドラマです。


コンサート会場に市子(りょう)が思いを寄せる元恋人・耕太朗(袴田吉彦)を連れてきた

房恵(井上和香)は、市子(りょう)の気持ちはおかまいなく、妊娠を市子(りょう)に告げる。

市子(りょう)は、それを聞いて非常にショックを受ける。

そんな中、奈津(鈴木砂羽)は失踪中の夫・憲吾(カンニング竹山)から連絡が入り、

市子と娘の美月(荒川ちか)を連れて、夫に合いに行くが、物別れに終わってしまう。

まり(和久井映見)は訪れた三宅(豊原功補)の事務所で、行方知れずの恋人・旭(忍成修吾)

と遭遇するが、別れが決定的となる。

市子・まり・奈津の3人は、最悪な男運を嘆くしかなかった。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » ビターシュガー 第3話 あらすじ