DOCTORS 最強の名医 第1話 あらすじ | バラエティ劇場

DOCTORS 最強の名医 第1話 あらすじ


DOCTORS 最強の名医、第1話のあらすじです。



DOCTORS 最強の名医、第1話が27日放映されます。そのあらすじです。
よくは、わからないが医者は本来の人を救うという使命を忘れ、
経営つまりお金儲けが使命のような人が多いと聞く。

このドラマは、そのドラマは、人を救うという使命を忘れた総合病院に、それこそ「患者を救う」
という信念を持った相良浩介(沢村一樹)が入って来るところから始まる。

高級外車を乗り回したりして「患者を救う」という本来の目的を見失った医師たちがいる
院長が堂上たまき(野際陽子)の総合病院に赴任が決まる。

赴任そうそう、院長の息子の外科医の森山卓(高嶋政伸)のオペに口を挟んだりして煙たがれる。

そんなある日、2日後にオペを控える患者が突然苦しみ始めるが、執刀医の佐々井(正名僕蔵)と
連絡がとれない。

やむなく、居合わせた相良がオペに臨むが・・・

比嘉愛未は勤続9年目の正看護師の宮部佐知役を演じる。

関連記事

人気BLOG RANKING

【送料無料】 CD/林ゆうき/テレビ朝日木曜ドラマ「DOCTORS~最強の名医」オリジナルサウンドト…

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ドラマ » DOCTORS 最強の名医 第1話 あらすじ