森元首相の大嘘! | バラエティ劇場

森元首相の大嘘!


森元首相が、新国立競技場建設を継続することで一番の悪者になっていると世間が言っているが、それは大間違いで私が一番迷惑を被っているというのは大嘘である。

これだけ、国民が大反対の声を上げたから新国立競技場建設計画がゼロベースから練り直されることになりましたが、これが推進されていたらどうなっていたのでしょうか?

怖いことですね。
一番の新国立競技場建設を推進していた森元首相が今になって俺もあのデザインは初めから気に入らなかった発言にはあきれましたが。

森元首相は新国立競技場でラグビーワールドカップ杯を開催できなければ、「五輪組織委員会会長」職を辞職すると周りに圧力をかけていたこには一切触れていません。

ずるいですね。
ずるいといえば、森元首相の影に隠れて、今を凌げばなんとかなるという役人らしい発想で、設計者のザハ・ハディド氏ら関係者との摩擦を避けたい文科省とその傘下のJSCです。

さらに文科省は今、計画を見直せば手続き変更と設計変更に19ヶ月かかり、さらに工期も40ヶ月以上で、時間的に不可能と最後まで悪あがきをしていたのは、ご存知の通りです。

しかし、国民の声に押されて安倍総理が動いてくれました。
そして、財務大臣の麻生太郎氏も総理の背中を押してくれました。
安保関連法案の強行採決から国民の目をそらすためかもわかりませんが

これを可能したのが、安倍総理が文科省にたよらずに元国交省の人物を中心に内閣官房チームを組織して「プランB」を検討していたことが現行計画を白紙にもどすことができたのです。

とりあえず、これでゼロベースになったわけですから、これからはきちんと各方面の声を聞き入れながら低予算の新国立競技場を建設してもらいたいと思います。

しかし、国の問題はこれでおさまりましたが、東京都のオリンピック関連建設計画が当初の予算から大幅に増えて、今回、問題になった新国立競技場の比ではないようです。

こちらもこれから都民に情報が開示されればいずれは問題になると思います。
思うに役人というのは、本当に悪い情報は流さないし、誰も責任を取らないようにするのですね。
感心するやらあきれるやらです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 政治 » 森元首相の大嘘!