手足口病の予防 | バラエティ劇場

手足口病の予防


手足口病が高い数値で発症しています。
手足口病には専用の特効薬がないので、事前にうつらないように予防することが大事です。

手足口病が群馬県と栃木県で警報基準値を超過しました。

手足口病は特効薬はないのですが、比較的に軽い症状で収まることが多く、発症してもきちんと病院にかかり経過を見守り安静にしていれば大丈夫ですが、時々、中枢神経の合併症を引き起こすことがあります。

乳児においては死亡することもあるので十分に注意してください。

手足口病の主な症状は水疱性の発疹でウイルスにより感染します。
感染者の約9割は乳幼児で毎年、初夏~夏にかけて流行します。

手足口病にかかっても、すぐには症状が表れず3~5日の潜伏期間があるので、その間は気がつかないことが多いです。
発症してからの病状が収まるまでの期間は約1週間~10日間です。

手足口病の感染経路は、接触感染と飛沫感染があります。
予防法としては、マスクの着用、手洗いの励行です。

手を洗う時には石鹸を使ってしっかりと洗うことが重要です。
もちろん、タオルの共用も流行している時期は避けたほうがいいです。

また、手足口病の症状が治まっても便の中には4週間ぐらい菌が滞在しているので注意してください。
特に、乳幼児の場合は衛生観念がしっかりしていないので、保育園などの集団生活では特に注意が必要になります。

手足口病にかかると、口の中に水疱ができるので痛くて食事が喉を通らないことがあります。
そんな時には、冷えたスープ、プリン、ゼリー、細かく刻んだうどんのような流動食系を食べさせてあげてください。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 手足口病の予防