「絶歌」通信販売:10日から販売開始しました。 | バラエティ劇場

「絶歌」通信販売:10日から販売開始しました。


1997年に連続児童殺傷事件の加害男性(32)が執筆した手記「絶歌」が太田出版から出版されました。

「絶歌」は当時の犯行に至った経緯や事件後の生活、現在の心境などを綴っていますが、遺族からは、手記をメディアに出して欲しくないと要望をしてきたが思いが無視され、さらに私達を苦しめようとしている、今すぐ出版を差し止めて回収して欲しいと要望されています。

「絶歌」を出版した太田出版は元々はビートたけしが所属していた太田プロダクションの出版部が独立したもので、ビートたけしの本を出版するためのトンネル会社とも言われていた会社です。

「絶歌」は11日発売で初版10万部、全294ページの2部構成で、本は本人の手紙を添えて遺族にも届けられるようです。

太田出版の岡聡社長は少年犯罪が社会に与える影響は大きい中、彼の心に何があったかを社会は知るべきだ。と語っています。
事件は1997年に2~5月に起き、小4の女児と小6の男児が殺害され3人に重軽傷を負わせています。

加害男性は「元少年A」という名前で執筆していますが、当時は14歳で手記の中で自身の家族関係や生い立ち、性衝動などを告白し、2004年に関東医療少年院を仮退院してからは、両親の元には帰らず、身元を隠しながら溶接工や日雇いアルバイトをしながら生計を立てていることを記しています。

この事件は刑事罰の対象年齢を16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけにもなり、当時の精神鑑定、医療少年院で受けたカウンセリングでも打ち明けてこなかった約20年もの長い間、彼自身が心にしまってきた気持ちを包み隠さず書いています。

社会にでてからは、現実社会の厳しさに直面しながらも、自身の今までの行動を自分の言葉で書いてみたいという衝動にかられて今回の出版になったようです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 「絶歌」通信販売:10日から販売開始しました。