自転車の法律が6月から改正されます。ひるおび:5月27日 | バラエティ劇場

自転車の法律が6月から改正されます。ひるおび:5月27日


自転車の法律が6月から改正されます。
5月27日放送の「ひるおび」で自転車の法改正の内容が紹介されました。

自転車の法律が6月から改正、実施されます。
いったい、どのように改正されるのか?

政府の公式ホームページを見ても詳しく掲載されていますが、あまりに詳しくすぎて逆にわからなくなってしまうことがあります。

そんな時には、テレビの特集などが、とてもわかりやすいですよね。
そこで5月27日に「ひるおび」で放送された自転車の法律が6月からどう変わり、どう運用されるのかをここで紹介します。

自転車の法律改正は6月1日(月)から施行されます。
一番の改正点は、危険行為を繰り返す悪質な自転車の運転者に「安全講習」の受講を義務付けるというものです。

対象者は満14歳以上に適用され、危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと、自転車運転者講習は義務付けられます。
この自転車運転者講習の命令を受けて3ヶ月以内に受講しないと5万円以下の罰金がくだされます。

■自転車異運転者講習の内容■
講習時間:3時間
場所:運転免許試験場など
受講手数料:5700円(標準学)

◇刺客受講内容
・オリエンテーション:5分
・小テスト:20分
・被害者と遺族の体験談:15分
・事故の事例や疑似体験:20分
休憩
・加害者の体験談
・自転車のルールを学ぶ:20分
・危険予測の学習:40分
休憩
・小テスト:10分
・感想文や総括

■講習の対象になる危険行為 14項目
・信号無視
・通行禁止違反
・歩道での徐行違反
・通行区分違反
・路側帯での歩行者妨害
・遮断機の下りた踏切への侵入
・交差点での優先道路通行車の妨害
・交差点で右折する場合、直進車を妨げること
・環状交差点での安全進行義務違反
・一時停止違反
・歩道での歩行者妨害
・ブレーキのない自転車の運転
・酒酔い運転
・携帯電話を使用しながら運転するなど安全運転義務違反

■歩道通行や車道の右側通行
自転車は車道の左側通行が原則
歩道はあくまで例外

*雨の日によく見かける傘をさしての運転も安全運転微無違反になります。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » 自転車の法律が6月から改正されます。ひるおび:5月27日