能年玲奈は小林幸子と同じ道を歩む!芸能界のドンの影 | バラエティ劇場

能年玲奈は小林幸子と同じ道を歩む!芸能界のドンの影


能年玲奈はこのままでいくと、小林幸子と同じように芸能界から干されそうです。
小林幸子の時も芸能界のドン、バーニングプロ社長の周防郁雄の力が働きましたが、今回の能年玲奈も芸能界のドンの力が働いているようです。

芸能界のドン、バーニングプロ社長の周防郁雄さんの力って、よっぽど凄いのですね。
小林幸子の時も今回の能年玲奈の独立騒ぎも本人達にとってはネガティブな情報しか流れてきません。
能年玲奈の洗脳騒ぎも、こちらの筋から流れたようです。

能年玲奈が所属する芸能事務所レプロはバーニングプロダクションの系列ですから、レプロに反旗をひるがえした能年玲奈は、謝罪して元の鞘におさまるしか芸能界復帰の道はないものと思われます。

しかし、今までの経緯がありますから、もし戻れたとしても、しばらくは今まで以上に冷遇されることは間違いないでしょう。
もし、謝罪をしなかったら残念ですがアウトです。
それは小林幸子の例をみても明らかです。

小林幸子の元事務所社長側に周防氏がついた時から報道が今までの小林よりから元・事務所社長よりへと一気にかわりました。
発表される情報は小林を悪くイメージさせる情報ばかりです。

今回の能年の場合も当初は「あまちゃん」で大ブレークした時も月給は5万円しかなく、下着の替えもままならず財布を開いても200円しか入ってなかったと能年よりの情報が一部流れましたが、それ以降は、能年の洗脳騒ぎの話題ばかりです。

周防氏の息のかかったメディアは一切、能年の肩をもつ報道はありません。
小林幸子と同じパターンです。

いくら売れっ子でも芸能人は事務所にとってみれば1個の将棋の駒でしかないのです。
事務所にさからう芸能人はあっという間に芸能界から干されてしまう現実、芸能プロダクション、マスメディアの結束の強さを改め思い知らされる出来事です。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 能年玲奈は小林幸子と同じ道を歩む!芸能界のドンの影