SPF50は時間を表しますが高ければいいってもんじゃありません! | バラエティ劇場

SPF50は時間を表しますが高ければいいってもんじゃありません!


SPF50って時間を表す表示だって知っていました?
また、SPF50って肌に良くないって噂もあるんです。
その真相を調べてみました。

寒さもすっかり無くなり帽子や日傘が必要な時期がやってきました。
日差しの強い日にはサンダルで散歩などすると、足の甲が日焼けで翌日には真っ黒なんてこともあります。

日焼け止めは、これからの時期の必需品ですが、どんな日焼け止めを買えばいいのでしょうか?
日焼け止めの表示にはSPFとPAがあります。

SPFは紫外線の3種類(UVA・UVB・UVC)の内、UVBを防ぎます。
SPFは数字表記が最高50+が最高ですが、SPFの数値は日焼け止めの効果が持続する時間でSPF1で20分の効果持続があるそうです。

つまり肌が紫外線に当たって赤くなったりブツブツができるまでの時間が20分ということです。
とするとSPF50は20分×50=1000分(16時間40分)になります。
どう考えても1日に太陽に肌をさらす時間がこんなに多いとは考えられません。

人間の心理でつい数字が大きい方が効果が高い気がして買うときには数字が大きな日焼け止めを選んでしまうのですが、通常使うのであれば自分の時間を考えて購入すれば良いということになります。
まあ、SPF30でも十分ではないでしょうか?

SPF30でも10時間の持続効果はあります。
さらにですがSPF50は肌に負担をかけるといわれています。

SPF50には「紫外線吸収剤」が使われ紫外線を防いでくれているのですが、紫外線吸収剤は紫外線を吸収して化学反応を起こし熱エネルギーに変えて肌の外に放出しています。

こんな化学反応が肌の上で繰り返されているので肌に負担をかけていると言われます。

これがSPF30は「紫外線錯乱剤」が使われている物が多く「紫外線攪乱剤」は紫外線を物理的に跳ね返す酸化チタンなどがつかわれて紫外線を反射し拡散してくれているのです。

この「紫外線錯乱剤」は紫外線吸収剤と比べて肌に与える刺激はすくないそうです。
とすると、SPF50の数字は高ければいいってもんじゃない!ということになりますよね。

★SPF30日焼け止め特集(楽天市場)★

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 美容 » SPF50は時間を表しますが高ければいいってもんじゃありません!