ドローン容疑者が書いた漫画「ハローワーカー」「禁老区」 | バラエティ劇場

ドローン容疑者が書いた漫画「ハローワーカー」「禁老区」


首相官邸にドローンを墜落させ威力業務妨害で逮捕された容疑者が書いた漫画2作品「ハローワーカー」「禁老区」がうますぎる。と評判になっています。

元・自衛隊員である容疑者が書いたブログも話題になっていますが、そのブログの中に、以前に漫画を書いた記述があり確かめると確かに「ハローワーカー」「禁老区」の2作品が昨年の11月に「ニコニコ静画」に「Yasprey」という作者名で公開されていました。

「ハローワーカー」は全30ページでその続編とみられる「禁老区」も全32ページあり、ストーリーも少々過激ですが、しっかりしていて漫画のタッチもうまいものです。
doron
2作品は2005年ごろに書いてヤンマガに送ったようですが落選したと書かれています。

「ハローワーカー」は国内の若者が失業者であふれ、さらに老人の人数が増えることで子育て予算が削られる中、国が「老人駆除法」という法律を成立させ、高齢者を殺害し浮いた予算を少子化対策に回すために、失業者の若者に老人を殺させ、若者は殺した人数によって国家公務員に採用する。

そうすることで失業者も減り、国として万々歳というストーリーです。

その「ハローワーカー」の続編「禁老区」は老人が立ち上がり、姫路城に「老人駆除法」の法律の撤廃を条件に立てこもるのですが、老人を殺しに入った公務員が殺害に失敗し老人の見方になり、姫路城に全国の老人があつまり、とうとう老人パワーで法律を撤廃させる。
というストーリーです。

どちらの作品も、思わず先に読み進みたくなる魅力あるストーリーです。
漫画全編はこちらから見ることができます。

⇒「ニコニコ静画:ハローワーカー」

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » ニュース » ドローン容疑者が書いた漫画「ハローワーカー」「禁老区」