ストライダーにブレーキは取り付けることができます。 | バラエティ劇場

ストライダーにブレーキは取り付けることができます。


自転車の練習用として、子供のバランス感覚を養うために、育児を楽しむ”イクメン”パパ達がはまっている世界で販売台数が100万台を突破したストライダー。
ストライダーにはブレーキがついていないのですが、オプションでブレーキを付けることができます。

ストライダーは日本でも30万台以上を売り上げる大ヒット商品になっています。

しかも、2歳以上から出場できるストライダーレースが全国各地で開かれ国内だけでなく世界大会まで開催されるぐらいに世界中に広がりを見せています。
親子ともどもに楽しめるのが受けているようですね。

最近は公園でもよく走っているのを見かけるようになりました。
けれども、普及が進むにつれて事故の報告もふえているんです。
ペダル無し、ブレーキ無しのストライダーは一歩間違えると重大な事故に繋がる危険性をはらんでいます。

この動画をご覧下さい。

ここはまだ地面が草に覆われていて土の表面だから柔らかく、これくらいですんでいますが、それでも小さな体が1メートルは吹っ飛んでいます。

これがもし公園や一般道だったら、もしその時に子供が飛び出してきたら、もしヘルメットをかぶっていなかったら、考えただけでも恐ろしくなります。

あなたのお子さんが重大な事故を起こさないためにも、次のことは守るようにしましょう。

1.ヘルメット、肘・膝のサポーターは必ず装着する。
1.グローブをはめ、肌の露出が少ない服を着用する。
1.公道は絶対に走らない。
1.1人では遊ばせずに必ず保護者が一緒についている。

ブレーキがあれば今より少しは安全なのだが。と思われている親御さんは多いと思いますが、安心してください初期モデルには取り付ける事ができませんが、最新モデルならオプションでリヤタイヤ用のブレキーをつけることができます。


ストライダーを利用しているが心配だとお考えの親御さんには、ブレーキを付けることによって少しは心配の材料がへりますよ。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 時事 » ストライダーにブレーキは取り付けることができます。