【画象】サザン新曲「イヤな事だらけの世の中で」のモデルはここ | バラエティ劇場

【画象】サザン新曲「イヤな事だらけの世の中で」のモデルはここ


「サザンオールスターズ」が3月31日に」発売した新曲「イヤな事だらけの世の中で」のモデルが京都府立植物園西側の鴨川沿いの「半木(なからぎ)の道」ではないかと話題になっています。


「イヤな事だらけの世の中で」は、ドラマ「流星ワゴン」の主題歌にもなり桑田佳祐さんが作詞・作曲しました。

歌詞の中に、半木の道を連想させる、
「紅枝垂(しだれ)」「鴨川(かわ)は流れ」「祇園囃子」「嵐山(やま)」が出てくることから、これはもう間違いないと思われます。

半木の道は、しだれ桜が74本連なり、京都のさくらの名所の1つです。
4月中旬から下旬にかけて、北大路通りから北上し、北山通りまで続く鴨川畔の道沿いに美しく桜が咲き誇ります。

地元では、桑田さんも大病を煩い京都に訪れた時に半木の道から日本の原風景に思いをはせたのではと語られています。
毎年、多くの観光客で賑わうのですが、この曲の影響でさらに観光客が増えることでしょう。

★半木(なからぎ)の道・周辺の地図・アクセス方法(楽天たびノート)★

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 芸能 » 【画象】サザン新曲「イヤな事だらけの世の中で」のモデルはここ