久保建英君の現在と久保君の父親を紹介します。 | バラエティ劇場

久保建英君の現在と久保君の父親を紹介します。

久保建英君「日本のメッシ」が日本に帰ってきます。
スペイン1部リーグの名門バルセロナ(下部組織)に所属していたMF久保建英君ですが、バルセロナを離れて日本のJ1のFC東京入りすることに決まりました。
バルセロナではリーグ得点王とMVPをダブル受賞している凄い実力を持っています。
そんな久保君を育て上げた父親もすごいと思います。

久保君はスペイン語も凄いです。

久保建英君は今後注目大のサッカー選手で神奈川県川崎市出身で2001年6月4日生まれの現在13歳です。
小学校2年生の時に「FCバルセロナキャンプ」に参加し10歳の時に入団」テストを受けバルセロナの一員になりました。

バルセロナでは13歳以下の選手はカタルーニャ州出身でないと入団できないという決まりがあったそうですが、久保君は特例で入団することができました。

しかし、バルセロナでは18歳未満の選手獲得の登録違反で国際サッカー連盟から処分を受けていて久保君は該当者でもあることから1年以上試合に出場することもできず、このままでは20歳までバルセロナにいることもできなくなるために日本にもどってくるようです。

日本としては待ってましたですね。
日本サッカー協会も久保君を「飛び級」でU-15日本代表に選出しています。

こんな凄い久保君を育て上げたお父さん久保健史さんは和歌山県出身でサッカー名門の筑波大学出身です。
ミサワホームに勤務していて現在は、お母さんが久保君の世話でスペインに居るので別居生活を余儀なくされています。
しかし、それももうすぐ解消するわけです。

お父さんのサッカーの情熱はものすごく「おれ、バルサに入る!」という本まで出版しています。
本の題名通りに久保君はバルセロナに入団できたわけですからお父さんとして本望ではないでしょうか。
久保君が日本に帰ってきたら親子の情熱がさらに燃え上がり凄いことになりそうです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

このページはご購入者様限定コンテンツです。
商品と一緒にダウンロード頂けます特典案内に記載されているパスワードを入力頂く事で観覧が可能になるページです。

バラエティ劇場 TOP » サッカー » 久保建英君の現在と久保君の父親を紹介します。