白鵬と貴乃花親方が一触即発 | バラエティ劇場

白鵬と貴乃花親方が一触即発


相撲協会もだらしがないものです、白鵬に何も言えないのですから。
しかし、ここにきて貴乃花親方が立ち上がり白鵬に注意をするようですが果たして白鵬は聞き入れるのでしょうか?

今年の初場所での「誤審問題」で白鵬が「子供でもわかる」と批判したことが今でも尾を引いた状態が続いています。

相撲協会の北の湖理事長は「いつまでも尾をひいていてはいけない」と発言はしていますが、白鵬はどこ吹く風で大相撲春場所では白鵬は報道陣をハエでも追い払うようにシッシッと手で追い払っています。

報道陣は親方の許可を得て取材しているのですが、白鵬はその親方の顔に泥を塗りました。
それでも、相撲協会は白鵬に何も言えない。
だらしないものです。

そこで白羽の矢が立ったのが貴乃花親方です。
貴乃花親方は現在、相撲協会のNO.3の地位で次期理事長候補とも言われています。

また以前に審判部長だった経験もあり、白鵬も貴乃花親方を尊敬しているということから白羽の矢がたったようですが、果たしてうまく問題解決ができるでしょうか?

へたをすると一触即発の危機も潜んでいる今の相撲協会。
相撲の技や実力よりも相撲道という道をもっと大事にしてほしいと思います。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » 相撲 » 白鵬と貴乃花親方が一触即発