【画象】安川悪斗の失明まぬがれる。網膜振盪症と診断。 | バラエティ劇場

【画象】安川悪斗の失明まぬがれる。網膜振盪症と診断。


22日に行われた女子プロ団体「スターダム」のメーンイベント「ワールド・オブ・スターダム選手権」で、挑戦者の安川悪斗が王者の世IV虎(よしこ)から顔面を猛打され、頬骨と鼻骨を骨折し、顔の原形をとどめていない状態までたたきのめされ、失明の危機も伝えられていましたが、網膜振盪症と診断され、どうやら失明はまぬがれたようです。

puro
網膜振盪症とは、目の外傷の一種ですが比較的その外力が弱い状態の時に庄司、網膜が白色混濁になります。
この症状の場合は視力にも影響出ることは少なく、受傷後、1~2週間ぐらいで自然治癒します。

ただし、黄斑部(おうはんぶ)という網膜の中心部に混濁が及ぶと視力低下の原因になることもあります。
いずれにしても失明だけは免れたようで一安心です。

今回の事件は、どうも後味が悪い結果になりそうです。
世IV虎は、やりすぎたことで女子プロ団体「スターダム」の顔をつぶしたことになり、王者返上だけではすまず、業界追放になる可能性も出てきました。

2人の犬猿の仲は関係者の間では有名で、合宿所でも大喧嘩をしたことがあります。
ひょっとしたら試合開始前から、こんな展開が起こる可能性はあった。と関係者は語っています。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 【画象】安川悪斗の失明まぬがれる。網膜振盪症と診断。