【画象】アクロバット相撲、居反り、足取り、伝え反りの宇良和輝 | バラエティ劇場

【画象】アクロバット相撲、居反り、足取り、伝え反りの宇良和輝


変わった相撲を取る力士が誕生しました。
まるでアクロバット相撲です。
その相撲力士は関西学院大学教育学部卒業の宇良和輝選手です。

体格は身長172cm、体重107キロと力士としては、とても小柄です。
しかし、この小柄な体から繰り出される、居反り、足取り、伝え反りなどの技がすごいです。

体格では比べ物にならないような大きな相手を軽々と宙に飛ばしてしまうのです。
宇良選手の得意技は、居反り、足取り、伝え反り、などがあります。

一つ一つ説明します。

「伝え反り」
相手の脇のしたをくぐり抜けながら自分の体を後ろに反らせて相手を倒す大技です。
この技は2001年に追加された新しい決まり手です。

「居反り」
これは動画をご覧ください。

「足取り」
この技は名前の通り相手の足を両手で取りすくい上げる技です。

今までの相撲は体格の良い選手が強く、ある意味、体重で勝負が決まってしまうようなところがありましたが、この宇良選手が活躍することで小が大を制するを地でいく本来の相撲の技の醍醐味が楽しめると思います。

また、宇良選手の相撲を見れば、相撲ファンでなくてもきっともう一度見てみたいと思うでしょう。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています。

    None Found

↓↓↓エンタメ・ブログの人気ランキングをこちらから見ることができます。

人気ブログランキングへ
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » バラエティ劇場

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています♪

人気ブログランキングへ

バラエティ劇場 TOP » スポーツ » 【画象】アクロバット相撲、居反り、足取り、伝え反りの宇良和輝